2ちゃん閉鎖騒動への反応は冷静、約半数が「どちらでもよい」と華麗にスルー




もし2ちゃんねるが閉鎖したら――。こんなことが頭をよぎった人も多いはずだ。管理人に対するドメイン差し押さえとともに、あの巨大掲示板サイトが閉鎖に追い込まれるのではないかという報道が大きな議論を巻き起こしている。報道の真偽や実際に閉鎖するのかどうかはともかく、この件に関して一般のインターネットユーザーはどのように考えているのだろうか。

インターネットコム と gooリサーチ が行った調査によると、2ちゃんねるが閉鎖するか存続するかについて、約半数(49.18%)の人が「どちらでもよい」と考えていることがわかった。ちなみに「閉鎖しないでほしい」との意見は、「閉鎖すべき」の約3倍だった。

調査対象は、全国の20代~50代のインターネットユーザー1,059人。男女比率は男性:51.94%、女性:48.06%。年齢層分布は20代:26.91%、30代:25.12%、40代:24.55%、50代:23.42%。

(2007.1.24/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-24 15:09 | インターネット総合  

<< YouTube動画に字幕を付け... グーグル、ゲーム内広告へ進出か... >>