Apple「iPhone」の利益率は50%以上?




 Appleの新製品「iPhone」の粗利益率は50%以上――調査会社iSuppliが1月18日、こんな試算を発表した。



 iSuppliが、iPhoneの仕様や機能についての情報を基に行った試算によると、ハードウェア・ソフトウェア合計でのiPhoneの推定コストは、4Gバイトモデルで245.83ドル、8Gバイトモデルで280.83ドル。それぞれ、小売価格499ドル、599ドルで計算すると、粗利益率は50.7%、53.1%に上る。

 iSuppliでは、2007年には835モデルの音楽プレーヤーつき携帯電話が導入され、Appleは厳しい競争に直面すると見ている。NokiaやMotorola、Samsung Electronics、LGなどから既に出荷されている音楽携帯の14モデルが、AppleのiPhoneに匹敵しうるとし、さらに今後、各社がiPhone対抗モデルを導入してくると予測する。

 iPhone向けの通信サービスは、米国ではCingular Wirelessが提供する。iSuppliでは、Cingularが「携帯ビジネスによく見られるディスカウントなし」でiPhoneを販売すると見ており、iPhoneがAppleとCingularに「かなりの利益とともに、将来の値下げに向けての余地を与える」としている。

(2007.1.19/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-19 16:35 | 周辺機器  

<< 日本語版は「1~2カ月以内」 ... mixi、“コミュニティー乗っ... >>