アシストマイクロ、文書管理に電子署名機能・セコム系と協業で

 システム開発のアシストマイクロ(東京・中野、百瀬太郎社長)は、セコムの情報セキュリティー子会社のセコムトラストシステムズ(東京・渋谷)と協業すると発表した。アシストマイクロが販売する文書管理システムに電子署名機能を付けて販売する。文書管理のセキュリティーを高められる。

 アシストマイクロは米ザイトスソフトウェア社(カリフォルニア州)の文書管理システムを販売している。文書ファイルをサーバーで一元管理し、インターネットを通じて社員間で共有できる。セコムトラストシステムズは電子署名機能のほか、文書が改ざんされていないことを示す時刻認証(タイムスタンプ)機能も提供する(2007.1.17/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-17 10:12 | インターネット総合  

<< ケータイ不要の「もうひとつのワ... テレビにつなげて楽しむパソコン... >>