画像スパムが1年で急増、スパム全体の65%までに


 米McAfeeによると、2005年第2四半期ごろから登場し始めた「画像スパム」は、確実に増加し続けている。この傾向は、スパマーによるボットネット構築とばらまきテクニックの高度化にともない、2007年も続くだろうと同社は予測する。(2007.1.16/ITmedia)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-16 14:43 | インターネット総合  

<< CESで見えてきた2007年の... “ビスタ特需”に期待 パソコン... >>