ドコモ、携帯電話のセキュリティー機能を拡充


 NTTドコモは携帯電話のセキュリティー機能を拡充する。紛失時に備えて電話帳のデータをドコモのサーバーに保存したり、携帯を遠隔操作でロックできる機能を今春から標準搭載する。昨年10月から始まった番号継続制で顧客争奪戦が過熱する中、安全面向上で携帯利用者に訴求する。

 電話帳やメールアドレス、写真のデータをドコモがサーバーで保管する「電話帳お預かりサービス」の対応機種を増やす。月額105円が必要だが、紛失時や機種変更時にデータが復元できる。


(2007.1.14/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-14 09:38 | 周辺機器  

<< ポータル各社、「口コミ型」へ変... 「ワンセグ」ローカル放送、NH... >>