Mac OS Xに新たな脆弱性、Safariで悪用も

 AppleのSafariブラウザを使ってMac OS Xで任意のコードを実行できてしまう脆弱性が見つかった。Mac OS Xのバグ情報を公開しているMonth of Apple Bugs(MOAB)プロジェクトで報告され、コンセプト実証コードも公開されている。(2007.1.12/ITmedia)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-12 17:27 | インターネット総合  

<< ソニー、まーるい円柱型バイオを... 「2ch.net」ドメイン差し... >>