グーグル、「Google Earth」で高画質3Dモデルを表示可能に




 Googleが提供する地図アプリケーションの最新版では、高品質3Dコンテンツの作成と共有が可能になった。

 「 Google Earth 4 」では、特定のレイヤを有効にすると、有名な建築物や地域がテキスチャ付きの3Dレンダリングで表示されるようになった。

 Googleは米国時間1月8日に声明を出し、「地球全体を実物そっくりに3Dモデル化する作業がまた一歩前進したに過ぎない」と述べている。

 同社は、有名な場所の高画質3Dレンダリングを独自に登録している。だがその一方で、地球全体をモデル化する作業についてはまだ完了していない。最新版の「Google SketchUp」はこの作業を加速するため、ユーザーが建物の高画質3DレンダリングをKMLやKMZファイルで作成し、Google Earthにオーバーレイ表示して共有できるようにしている。Keyhole Markup Language(KML)ファイルは、Google EarthとGoogle Mapsの機能をモデリングして保存するためのXMLファイル(KMZはその圧縮バージョン)。

(2007.1.11/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-11 14:31 | インターネット総合  

<< IE 7とVistaの脆弱性に... 「楽天市場」米国で 今年後半か... >>