音声で携帯電話、音楽プレーヤーを操作=フォードとマイクロソフトが車用に開発

米フォード・モーターは7日、同日デトロイトで開幕した北米モーターショーで、ドライバー向けに携帯電話、音楽プレーヤーの操作を音声で行う画期的な新システムを発表した。この新システム「スィンク」はマイクロソフトと協力して開発したもので、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長は「運転の楽しみと安全性を向上させるもの」と説明している。≪写真は北米モーターショーでテレビを通じて話し合うムラーリー・フォード社長=右=とゲイツ・マイクロソフト会長=左≫

 同システムでは、ドライバーは英語、スペイン語、フランス語で携帯電話のアドレス帳からの電話や、アップルの「iPod」あるいはマイクロソフトの「Zune(ズーン)」の聴きたい曲を指示することができる。

 北米フォードのマーク・フィールズ社長は同システムについて「市場の潜在性が膨大なのは間違いない」と指摘した後、「この技術は今年、フォーカスのような低価格車を含め、フォードの12車両で利用できる」と語った。またゲーツ会長は8日にラスベガスで開幕する世界最大の家電見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの会場から、「スィンクは携帯電話、音楽プレーヤーなどをコンピューターで接続する簡単なシステムを提供することで、ドライブ体験に大変革をもたらす手助けとなろう」と強調した。
(2007.1.8/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-08 23:05 | 周辺機器  

<< 流通各社 ネット販売を拡大へ 40周年の「CES」、8日開幕へ >>