日立GST、1テラバイトHDD発表



 米Hitachi Global Storage Technologies(HGST)は1月4日、業界初の1テラバイトHDDを発表した。

 この「Deskstar 7K1000」は垂直磁気記録方式を採用、サイズはデスクトップPCや外付けストレージ向けの3.5インチ。平均シークタイムは8.7ミリ秒、回転数は7200RPMで、Parallel、Serialの両ATAインタフェースに対応できる。

 同製品は750Gバイト版と1T(テラ)バイト版が提供される。2007年第1四半期にSerial ATA(SATA)バージョンが出荷開始され、SATA 1Tバイト版の推奨小売価格は399ドル。1Gバイト当たり40セントの計算になる。

 またDeskstarに加え、HGSTはデジタルビデオレコーダー(DVR)向けの機能を備えたバージョン「CinemaStar」も発表した。1Tバイトで高精細(HD)映像を約250時間分格納でき、ベッドルームに置けるほど静かだという。

 さらにHGSTは、デューティサイクルが低めで大容量の企業環境に向けた1TバイトHDDが大手OEM顧客により評価中であり、第2四半期に出荷開始される見込みだとしている。

(2007.1.5/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-05 18:47 | 周辺機器  

<< ソフトバンクモバイル、月980... マイクロソフト、1月の月例パッ... >>