ドコモ、日テレ株3%取得・「ワンセグ」の拡充狙う


 NTTドコモは4日、日本テレビ放送網の発行済み株式数の3.0%、76万株を約133億円で取得したと発表した。ドコモが地上波テレビ局に出資するのは、フジテレビジョンに続き2社目。

 両社はアニメ作品を含め携帯電話向けのコンテンツ(情報の内容)制作などで業務提携している。関係強化を通じて、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」のサービス拡充などを狙う。ワンセグの番組で紹介した商品を、インターネット接続の「iモード」で通信販売するサービスも行う方針だ。

 ドコモは昨年12月下旬から、証券会社を通じて市場で株を取得した。昨年9月末時点で比べると、信託銀行を含めて日テレの第6位の株主になる。

 ドコモは昨年12月、映画などに強みを持つ角川グループホールディングスへも約40億円を出資。映像コンテンツの豊富な業界との結び付きを強めている。(2007.1.4/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-04 18:13 | 周辺機器  

<< 韓国サムスン電子、両面に表示可... マーズフラッグ、サイト内の閲覧... >>