NEC、再生パソコンの年産能力を1.5倍に

 NECは中古パソコンをメンテナンスして再販売する「再生パソコン」の年産能力を約1.5倍の4万台に増強した。今月下旬の新基本ソフト(OS)登場で、パソコンの買い替えが進めばパソコン下取り台数が増えると判断。07年度の再生パソコン事業の売上高を今年度見込み比34%増の26億8000万円に引き上げる。

 パソコンを担当するNECパーソナルプロダクツ(東京・品川、高須英世社長)の群馬事業場で、パソコン再生を実施するフロアの面積を700平方メートルから1050平方メートルに拡張。作業人員を約50人から約70人に増やしたほか、生産ラインの配置も効率化した。
(2007.1.14/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-04 10:49 | PC  

<< マーズフラッグ、サイト内の閲覧... PS3は視野に無し…任天堂社長... >>