オンラインショッピングの顧客満足度が向上――米調査


今年のホリデーシーズンのオンライン小売りサイトの顧客満足度指数が、2005年より向上していることが分かった。上位サイトにはNetflix、Amazon.comなどが並ぶ。

 米ForeSee Resultsは12月27日、2006年ホリデーシーズンのオンライン小売業の顧客満足度ランキングを発表した。昨年のホリデーシーズンに比べ、全体で顧客満足度が上がっていることが分かった。

 このランキングは、ForeSee Resultsと調査会社の米FGI Researchが、売上高の多いオンライン小売りサイト40件を対象に、利用者1万人以上に対して行った調査結果に基づくもの。ミシガン大学の米顧客満足度指数(ACSI)を使用して顧客満足度を数値化している。報告によると、2006年の顧客満足度指数(満点100)の平均は75で、2005年調査から指数を1.4%改善している。

 サイト別ランキングの首位はNetflixで、顧客満足度指数を前年の84から86に伸ばした。2位はAmazon.com(指数84)で、以下、LLBean.com(同80)、QVC.com(同80)、Apple.com(同79)と続き、いずれも昨年の調査と比べ、指数を横ばいか上昇させている。一方、評価が低かったのはCompUSA(同69)、Costco(69)、CDW(68)のサイトだった。

 調査対象40社のうち24社が昨年度よりも指数を上げている一方、下げているのは7サイトのみ。特に百貨店などのサイト改善が目立ち、JCPenney、Sears、Targetなどは指数を約6~7%も改善させている。業種別では、アパレルサイトの満足度指数が比較的高く、全体で76。量販店(74)や電気製品(74)などに比べても高くなっている。
(2006.12.31/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-31 23:49 | インターネット総合  

<< 菊水電子工業、多機能漏えい電流... 富士フイルム、カメラ付き携帯部... >>