台湾地震 有線…ネット社会のもろさ

26日に台湾南部沖で発生した大型地震は、アジアの南北を結ぶ海底ケーブルなどを損傷させ、東アジアや東南アジア各国でインターネットや国際電話が一時不通になるなどの二次被害が広がっている。スマトラ沖地震とインド洋大津波からちょうど2年目に起きた地震は、インターネット社会のもろさと弱点をさらけ出した。(2006.12.29/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 09:40 | インターネット総合  

<< 「栄養学」分かりやすく 岐阜女... <デジカメ>「顔認識」機能搭載... >>