<デジカメ>「顔認識」機能搭載、発売相次ぐ 購買意欲刺激




 コンパクト型デジタルカメラを中心に、ファインダー内の人物の顔に自動的にピントを合わせる「顔認識」機能を搭載した新製品が相次ぎ発売されている。ピントが背景に合って人物がぼけてしまう失敗を減らせると人気だ。市場が成熟する中、各社は「手ぶれ補正」に続く差別化の材料として、消費者の購買意欲を刺激している。

(2006.12.28/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 23:46 | 周辺機器  

<< 台湾地震 有線…ネット社会のもろさ ブロガーキャスティング事業『ブ... >>