ゲーム狙うスパイウエア 急増





セキュリティー会社などによりますと、福井県内に住む30代の男性が、去年5月、インターネットのオンラインゲームに接続したところ、男性が使っていたキャラクターや仮想のお金などのデータがすべてなくなっていました。男性のパソコンはスパイウエアと呼ばれるコンピューターウイルスに感染しており、特定のオンラインゲームのホームページにアクセスするとウイルスが活動を始め、パスワードなどの情報を盗み出すようになっていました。このため、何者かが男性のパスワードを盗んでゲームに接続し、キャラクターなどを奪ったとみられています。オンラインゲームを狙ったスパイウエアは、ことしに入って急激に増え、感染の報告は最も多いセキュリティー会社でことし360件余りに上っています。インターネット上では、最近、ゲームのデータを本物のお金で売買する専門業者も数多く登場しており、スパイウエアを悪用している人物は、キャラクターなどを現金化する目的で奪っている可能性が高いということです。スパイウエアの中には、ゲームのパスワード以外にクレジットカードの番号などを盗み出す機能を持つものもあるということで、セキュリティー会社は利用者にウイルス対策を怠らないよう注意を呼びかけています。(2006.12.28/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 19:24 | インターネット総合  

<< ブロガーキャスティング事業『ブ... 2006年は「イヤー・オブ・ゾンビ」 >>