台湾地震で国際電話に障害=う回ルートを確保中




 台湾南部で26日夜に起きた地震で、海底通信ケーブルが損傷し、日本から東南アジア方面への国際電話がかかりにくくなっている。
 KDDIによると、台湾から南に延びるケーブルが損傷を受け、地震発生直後から東南アジア各地への通信に障害が発生した。企業の専用線にも影響が出ているという。
 ケーブルの復旧には時間がかかる見通しだが、同社は欧州などを迂回(うかい)する回線の確保に努めており、かかりにくい状態は徐々に改善する見通しだ。 

(2006.12.27/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-27 14:15 | インターネット総合  

<< 巧妙化するオンライン詐欺との戦い <ブロードバンド>「光」がAD... >>