シャープ、亀山第2工場の液晶パネル月産能力を倍増

 シャープ<6753.T>は25日、液晶テレビを一貫生産する亀山第2工場で、「第8世代」と呼ばれる液晶パネルの月産能力を現在の1万5000枚から2007年1月に3万枚へ倍増すると発表した。大型液晶テレビの需要拡大に対応するため、「第2期生産ライン」を新たに稼動させる。(2006.12.25/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 23:08 | 周辺機器  

<< MSがRSS特許を出願? コンビニで写真印刷サービス >>