<番組ネット転送>2審も適法 TV局の抗告棄却 知財高裁


 「インターネット経由で日本のテレビ番組を海外でも視聴できるサービスを不特定多数に提供するのは著作権法違反」として、NHKと在京キー局5社が、サービスを運営する「永野商店」(東京都千代田区)に番組提供の中止を求めた仮処分申請の抗告審で、知財高裁(三村量一裁判長)は22日、申し立てを却下した1審・東京地裁決定(今年8月)を支持し、テレビ各局の抗告を棄却する決定を出した。(2006.12.22/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-22 14:26 | インターネット総合  

<< 著名オープンソース開発者が抗議... 「情報発信」「熱烈読者」……ブ... >>