タフなPC、競争激化 来年2月に松下が2機種投入


 松下電器産業は20日、屋外での利用などを想定した頑強なノートパソコン(PC)「タフブック」の最新製品2機種を来年2月1日から順次発売すると発表した。タフブックは、パソコンの用途拡大で急成長している頑強パソコンの世界市場でシェア6割以上、国内市場ではほぼ独占状態にあるトップブランドで、米ニューヨーク市警察が車載用PCに採用しているほか、各国の警察、消防などの公共機関で使われている。(2006.12.21/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-21 15:43 | PC  

<< ライブドア、MEX株を日本SG... ファミマに自動DVDレンタル機... >>