Google日本語検索ランキング - 実用系強いも"天気予報"より"ほしのあき"





Googleから、今年の日本語の検索ランキングが発表された。これは2006年1月1日から12月15日までの間に、Googleの日本語検索サイト「http://www.google.co.jp/」から検索されたキーワードを集計したもの。総合ランキングでは「地図」「翻訳」「辞書」など実用系が強い傾向は変わらないが、固有名詞での検索が増加している傾向があるという。

今年の総合ランキング1位は「地図」。Googleが提供する地図検索「Google Map」では、詳細な航空写真が見られることでも話題になった。その他、スクロールして見られる地図やブログと連動して店やスポットを登録できるなど、ここ1~2年の間で地図系サービスの活用が広がっている。これについて、Googleの斉藤香氏は「明らかに地図系情報の需要があることがわかり、Googleとしても勉強させていただきました。これからも地図系のサービスをもっと使いやすくしていきたい」と述べている。

総合2位以下は「翻訳」(総合2位)「辞書」(同3位)「天気予報」(同6位)など実用的なものがランクインしている。

実用系が強い傾向は以前からのものだが、「全体に見ると『ほしのあき』さん(同5位)など、以前に比べて一般名詞よりも固有名詞で検索される傾向が強くなってきている」(同氏)という状況が見られ、「これは検索に慣れてきた方々が増えてきて、情報をピンポイントで探すようになった傾向が伺えます」と分析している。確かに「辞書」から探すより、調べたい言葉を「○○とは」などと検索する人は多いのではないだろうか。

総合で5位にランクインした「ほしのあき」は、固有名詞ではトップ。Googleでは「天気予報」以上に探されているという結果になっている。また、タレント、アイドル、お笑いなどでは"今年の人"が名を連ね、見るだけで年末年始の特番が頭に浮かぶ。その他、映画やテレビ番組など「固有名詞」のランキングからは、今年の世相が見えてくる。

IT系のランキングでは今年様々な面で話題をさらった「YouTube」が2位につけている。世界的にみて、日本からの利用が最も多いという状況がここにも現れているといえる。

IT系ランキングの常連「mixi」(昨年に続き1位)、3位「2ちゃんねる」も健在。7位「au」と8位「docomo」はMNP開始により、機種やサービスを比較したためと考えられるが、ここでも"勝ち"はauのようだ。


(2006.12.21/MYCOMジャーナル)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-21 10:51 | インターネット総合  

<< FeliCaの暗号が破られた?... デジタル一眼価格競争勃発か? ... >>