任天堂、Wii向けOperaのお試し版を22日に公開。正式版は2007年3月末に

任天堂は20日、家庭用ゲーム機「Wii」向けのブラウザ機能「インターネットチャンネル」を12月22日にリリースすると発表した。当初は機能を限定した「お試し版」を無料で配信し、2007年3月末より正式版を配信する。

 インターネットチャンネルは、Opera Softwareのブラウザ「Opera」をベースとし、Wiiでインターネットのブラウジングが可能になる機能。Wiiリモコンを利用したポインティング操作が可能で、Adobe Flashの表示にも対応するほか、Wiiの発表会で行なわれたデモでは「Google Maps」などAjaxベースのWebサイトも表示可能だった。

 12月22日から配信されるお試し版は、基本的なブラウザ動作に絞った機能限定版で、2007年3月にすべての機能を搭載した正式版を配信する。正式版は2007年6月末までは無料でダウンロードでき、無料期間中にダウンロードしたユーザーは期間終了後も継続して無料で利用できる。7月からは有料販売へ移行し、購入には500円に相当する500Wiiポイントが必要になる。

(2006.12.20/ impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-20 21:38 | 周辺機器  

<< ブログの更新に飽きたまま放置し... 「Skype Chat」を通じ... >>