NEC、一体型パソコン1万4600台の電源ユニットをリコール、発火の恐れで




 NECとNECパーソナルプロダクツは12月18日、液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR H」と、同型のインターネット直販専用モデル「VALUESTAR G タイプH」について、無償で部品交換を行うと発表した。該当するのは、同社が03年11月から04年6月に製造した「VALUESTAR H」(型番:PC-VG11NWZEF)と「VALUESTAR G タイプH」(型番:PC-VH3007A)のすべて。出荷台数はあわせて1万4600台。



 電源ユニットに使用している一部の部品が不良によって発熱し、発煙や発火する恐れがあることが判明したための措置で、対象製品を引き取り電源ユニットの無償交換を実施する。同社によると、05年10月と06年11月に1件ずつの計2件、この不具合が原因で発火事故が発生。しかし、それぞれパソコン本体一部損傷にとどまり、使用者や建物への被害はなかったという。

 NECでは、電源ユニット交換の受け付けを同日開始すると同時に、交換が完了するまで対象製品の使用を中止し専用窓口まで連絡するように呼びかけている。

 電話窓口は「VALUESTAR H お客様相談センター」のフリーダイヤル「0120-891-218」で、毎日9時-17時の間受け付ける。なお、土・日・祝日の受け付けは07年2月4日まで。また、同社のウェブページ「液晶TV搭載デスクトップパソコンの無償部品交換の実施について」でも交換の申し込みを受け付ける。

 実際の製品の引き取り開始は07年1月5日から、電源ユニットの交換は1月6日から実施する。

(2006.12.19/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-19 16:29 | PC  

<< PlayStation.com... NASAとGoogleが提携―... >>