NASAとGoogleが提携――Google Earthでの気象予報など実現へ

 米航空宇宙局(NASA)のNASAエイムズリサーチセンターと米Googleは12月18日、大容量データ管理や分散コンピューティング、インタフェースなどの分野で提携したと発表した。提携の一環として、まずNASAの持つ情報をインターネット上で公開する作業に着手する。将来的には、気象情報のリアルタイムでの視覚化や気象予報、月や火星の高解像度3次元地図、国際宇宙ステーションやスペースシャトルのリアルタイム追跡などに関する共同作業も行う予定。(2006.12.19/ITmedia)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-19 16:28 | インターネット総合  

<< NEC、一体型パソコン1万46... 「Web2.0」サイトが急成長... >>