TEPCOひかり、2007年1月1日にKDDIとの統合により「ひかりone」へ




 東京電力とKDDIは15日、2007年1月1日をもって東京電力が運営する光インターネット接続サービス「TEPCOひかり」をKDDIに統合すると発表した。

 この統合により、TEPCOひかりの各サービスは2007年1月1日をもってKDDIが運営する光インターネット接続サービス「ひかりone」のサービスメニューとなり、TEPCOひかりからひかりoneに名称が変更される。なお、各プロバイダが提供するコースについては、当面は「TEPCO」ならびに「TEPCOひかりコース」などの名称が継続して使用される場合もあるとのことだ。

 TEPCOひかりの各メニューの統合後の名称は以下のとおり。

●2006年12月31日までの名称 → 2007年1月1日以降の名称
 TEPCOひかり ホームタイプ → ひかりone ホーム100
 TEPCOひかり SOHOタイプ → ひかりone SOHO
 TEPCOひかり マンションタイプ VDSLプラン(100Mbps) → ひかりone マンション タイプV100
 TEPCOひかり マンションタイプ VDSLプラン(57Mbps) → ひかりone マンション タイプV57
 TEPCOひかり マンションタイプ 5GHz無線プラン → ひかりone マンション タイプ無線
 TEPCOひかり マンションタイプ イーサプラン → ひかりone マンション タイプE100
 TEPCOひかり プレミアムタイプ → ひかりone プレミアム

 また、高速IPネットワークサービス契約約款と個人情報の取り扱いについての規定も変更される。

(2006.12.18/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-18 17:52 | インターネット総合  

<< 宴会の前と後に確認したい5つのサイト グリーンハウス、「やわらか戦車... >>