Wiiリモコンのストラップ問題、米国で集団訴訟に発展


日米でリストストラップの無償交換プログラムを始めた任天堂だが、米国では集団訴訟が起こされた。

 任天堂は次世代ゲーム機であるWii用リモコンのリストストラップが切れるとの苦情を受け、無償交換プログラムを発表したが、それに先立つ12月6日、ワシントン州シアトルの米連邦地裁で集団訴訟が起こされていた。この訴訟は、不具合の部分の交換を要求するもの。

 カリフォルニア州サンフランシスコのGreen Welling、テキサス州オースティンのSiebken & Siegele、シアトルのShort, Cressman & Burgessが共同で起こした集団訴訟ではNintendo of Americaを相手取り、ワシントン西部地区連邦裁判所に訴えている。

 この集団訴訟では、「任天堂がNintendo Wiiに関して不公正または虚偽の商行為を実施することを禁じること」を求めるとともに、不具合のあるWiiリモコンの欠陥を修正し、購入者には返金もしくは正しく動作するWiiリモコンに交換できることを要求している。

 なお、任天堂は米国でもWiiリモコンのリストストラップ交換プログラムを実施している。
(2006.12.18/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-18 15:45 | 周辺機器  

<< ギネスに挑戦、高さ 15m の... Winny判決直後もノード数は... >>