「Skype 3.0 for Windows」正式版リリース







 米eBay子会社のSkypeは13日、「Skype 3.0 for Windows」正式版をリリースしたと発表した。11月8日にベータ版が公開されて以来、徐々に改良を重ね、今回正式版の発表に至った。Windows XP/2000に対応しており、日本語もサポートする。

 Skype 3.0ではIRCを改良したと評されるパブリックチャット機能や、ゲームやホワイトボードなど追加アプリケーションをSkypeで利用できるExtra機能などの新機能を搭載している。

 13日に発表された最新バージョン「3.0.0.190」では、これまでのベータ版からいくつかの点が改良されている。128kbpsの上り接続におけるビデオ通話の品質改善、拡張機能のExtraマネージャとIE、Firefox用プラグインのアップデートなどだ。また、パブリックチャット機能にあった複数のバグも修正された。
(2006.12.15/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-15 11:37 | インターネット総合  

<< 米アップルのオンライン音楽配信... ドコモ 「基本料金プラン簡素化... >>