Eメールを受信できない場合も──「W43S」に不具合、ソフト更新で対応




 KDDIは、ソニー・エリクソン・モバイル製端末のWIN端末「W43S」に不具合があるとアナウンスした。12月13日から改修済みのソフトウェアを、ソフトウェア更新機能の「ケータイアップデート」経由で提供する。



 不具合は、(1)キー・レスポンスが悪化したり、EZアプリメニューの表示切替を保存できなくなる場合がある (2)Eメールの添付ファイルを自動受信できなくなる場合がある (3)EZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合がある という3点。

 (3)の事象については、譲り受けたW43Sを利用する際に発生するもので、新規や機種変更で購入した場合には起こらないという。また、キー・レスポンスの悪化は電源のオン/オフ操作で一時的に解消できる。
(2006.12.13/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-13 21:15 | 周辺機器  

<< PS3思わぬ痛手…ドラクエ、任... 携帯mixiユーザー、開始3日... >>