ウィニー開発、確信犯か研究か…元東大助手13日判決





 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、インターネット上で公開し、ゲームソフトなどの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助罪に問われた元東京大大学院助手金子勇被告(36)(求刑・懲役1年)の判決が13日、京都地裁で言い渡される。

 違法ファイルの交換を横行させただけでなく、ウイルスの感染により、政府や企業などのデータ流出が問題になったウィニーの開発者に対する司法判断が注目される。

 天才プログラマーが著作権法に挑戦するため、確信犯的に匿名性の高いソフトを開発、ネット上で配布した――。これが公判で検察側が描いた構図だ。一方、弁護側は、ウィニー開発は「効率性の高いソフトを独自に求めただけ」とし、配布は開発研究の一環で「運用の可能性を探るため」だったと主張した。

(2006.12.12/ 読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-12 23:57 | インターネット総合  

<< 「赤耳」ことW-OAM対応W-... WiiリモコンでPowerPo... >>