Gmailで外部メールの受信が可能に 一部英語版でテスト開始



 GoogleのWebメールサービス「Gmail」は、2.7Gバイトという容量や無料で利用できるといった利点のほか、どの端末からでもアクセスできるといったWebメールならではの利用が可能だ。このWebメールならではの機能がさらに便利になる――。Googleでは、英語版の一部ユーザーを対象に、12月6日からは外部メール受信機能のテストを開始した。

 テストを開始したのは「Mail Fetch」という機能。Gmail以外のメールアカウントを設定すれば、それらのメールを受信できるようになる。メールソフトとしてGmailを利用できるため、これまで会社のメールなどをGmailに転送していたユーザーは、直接Gmailで受信できるようになるというわけだ。

 Googleによれば、現在「Mail Fetch」を利用できるユーザーは「英語版で全ユーザーの1%程度」。機能の詳細は不明だが「テストの評価がよければ正式に実装する予定だ」だという。なお、外部メールの受信機能は、Yahoo!メールなどすでに実装しているWebメールサービスもあり、Googleでは今回、ユーザーからの要望に応える形で、Gmailでのテストを始めた。


(2006.12.11/ITmedia Biz.ID)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-11 15:42 | インターネット総合  

<< カカクコムが見る「Web2.0の先」 フルキーボードを搭載したストレ... >>