ドコモやフジなど携帯向け放送の研究会


 NTTドコモ、フジテレビジョンなど通信・放送関連5社は将来の携帯端末向け放送の在り方を考える研究会「ISDB―Tフォーラム」(仮称)を月内に設立する。2011年のテレビのアナログ放送終了後に空く周波数帯域を利用した高度な新サービスを研究する計画で、民放キー局やNHK、携帯電話機メーカーなど20社強に参加を呼びかける。

 ドコモ、フジテレビ、ニッポン放送、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ、伊藤忠商事の5社は携帯放送事業で提携し6日に合同会社を設立しており、これが研究会の母体になる。実際の事業化には広範囲の技術検証や法制度の整備が求められるため、5社は合同会社とは別に幅広く関係企業の協力を得る必要があると判断した。(2006.12.9/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-09 09:47 | インターネット総合  

<< 「ワンセグ」じわり普及 放送と... ノキア、フルキーボードを備えた... >>