Picasaウェブアルバム日本語版登場




画像上部の虫眼鏡ボタンを押すと、画像が約2倍に拡大。マウスで見たい場所をスクロールできるこの点はUIに凝った部分 写真:ITmedia
 
 Googleは12月7日、オンライン画像共有サービス「Picasaウェブアルバム」の日本語版を公開した。併せて同社製の無償画像管理ソフト「Picasa」もバージョン2.6となり、Picasaウェブアルバムへ画像をアップロードする機能が追加された。

 Picasaウェブアルバムは、Picasaを利用していなくても、無償のGoogleアカウントを取得すれば画像のアップロードなど利用が可能。保存可能容量は250Mバイト。容量は有料で追加できるが、現在のところ請求先の住所が米国である必要がある。

 アップロードした写真は、デフォルトで全体に公開されだれでも閲覧できる。また特定のユーザーにのみ公開する設定も可能だ。画像をブログなどに埋め込むHTMLコードを出力することもできる。

 昨今の画像共有サービスとしてはシンプルな機能に抑えており、タグ付けなどの機能はなく、画像の編集機能も回転のみ。Ajaxなどを利用したインタフェースの工夫もそれほど目立たない。

 なお、英語版となるが、Mac向けのPicasaウェブアルバム用アップロードツールも用意されている(こちら参照)。iPhotoに組み込むタイプと単体アプリケーションがある。


(2006.12.8/ITmedia Biz.ID)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-08 19:28 | インターネット総合  

<< 携帯電話 電池回収…費用は30... 「YouTube見ながらチャッ... >>