ツーカー、2008年3月31日でサービス終了


 KDDIは12月7日、現在提供しているツーカーの携帯電話サービスを2008年3月31日に終了すると発表した。機種変更用のツーカー携帯電話の販売は、一足早く12月31日に終了となる。



 ツーカーは、1994年4月にツーカーホン関西がサービスを開始し、その後1994年6月からツーカーセルラー東京、1994年7月からツーカーセルラー東海も加わって、「シンプルさ」「使い勝手のよさ」を特徴とするサービスを展開してきた。しかし2005年10月にツーカーグループ3社はKDDIと合併し、2006年6月30日をもってツーカーの携帯電話サービスの新規契約の受け付けを停止していた。サービス終了時期については、「ユーザーの利用状況を踏まえて検討する」としていた

 KDDIは、同一電話番号、同一Eメールアドレスでツーカーからauへの契約変更を行っており、現在順次移行が進んでいる。今後はサービスをauに一本化する考えだ。なお、ツーカーには2006年11月末時点でまだ160万9500件の契約があり、auへの契約変更を促していく。新たな施策として、2007年1月から、ツーカーからauへの同一電話番号での契約変更にかかる事務手数料2835円を無料とするほか、ダイレクトメールや広告を通じて利用者への周知に努める。

 現在ツーカーで提供している1年単位または2年単位の定期契約料金プランは、2008年3月31日ですべて満了する。またプリペイドサービスの通話可能期間及び電話番号の有効期間、プリde EZ/プリdeメールの利用期間、プリケーカードコールの有効期限の有効期限などもすべて2008年3月31日までになる。ツーカーポイントの有効期限も2008年3月31日までとなるが、auに契約変更すればポイントは引き継ぐことが可能だ。


(2006.12.7/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-07 18:45 | 周辺機器  

<< 「TVから90センチ以上離れて... ドコモ「D902i」などのバッ... >>