ココログ、過去最長となる約53時間のメンテナンスを実施


 @niftyが運営するブログサービス「ココログ」は5日、約53時間の大規模メンテナンスを開始した。期間は12月5日10時~7日15時まで。対象サービスは、ココログベーシック/プラス/プロ、およびココログフリーの一部機能。メンテナンス中は、ココログの新規登録をはじめ、管理画面へのアクセスや各種操作、モブログからの投稿などができない。ブログの閲覧は可能だ。

 メンテナンスの目的は、ココログベーシック/プラス/プロのバージョンアップと、負荷分散のためのデータベース分割。バージョンアップでは、主にトラックバック・コメント管理機能の強化、記事作成・一覧関連への新機能追加のほか、@nifty Books ISBN Lookup機能の提供を終了する。また、RSSフィードの設定方式変更やSkypeのオンラインステータス表示、マイフォトのフォトアルバムAtomフィード機能、写真のリサイズ機能などが追加される。

 なおココログでは、2006年10月17日~19日にかけて約48時間のメンテナンスを行なった。ニフティによると、「53時間のメンテナンスは過去最長」という。「利用者の皆様にはご不便をおかけして申し訳ない。より良いサービスの実現に向けて作業を進める」(広報担当)とコメントした。



(2006.12.7/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-07 15:27 | インターネット総合  

<< ドコモ「D902i」などのバッ... 「NAVITIME」がウィルコ... >>