「NAVITIME」がウィルコム端末に対応、W-ZERO3では高速スクロールも


 ナビタイムジャパンは12月6日、携帯電話向けナビゲーション総合サービス「NAVITIME」をウィルコムのPHS端末とシャープ製「W-ZERO3」シリーズ向けに提供を開始した。利用料は月額315円だが、地図検索と乗換検索は無料で利用可能。公式サイトから「エリア&グルメ」-「地図」でアクセスできる。利用できる端末はCLUB AIR-EDGE for AIR-EDGE PHONE対応機種で、QQVGA(160×120ドット)より高解像度の端末。「papipo」や「nico.」、安心だフォンの一部機種では利用できない。

 NAVITIMEは、これまでiモードやEZweb、Yahoo!ケータイに対応した端末で利用できた。今回開始したウィルコム端末向けサービスでは、携帯電話のGPS機能を活用した「ルート案内」などのメニューは利用できないが、地図検索や乗換検索といった無料サービスなどが利用できる。なお、GPSが搭載されていないウィルコム端末では、基地局測位によって現在位置を確認できるようになっている。

 有料サービスでは、複数の交通手段から最適な経路を割り出す「トータルナビ」、現在位置などの任意の場所をメールで知らせられる「地図メール」のほか、時刻表検索、鉄道運行情報、周辺検索、道路交通情報などの有料サービスも用意した。

 このほか、W-ZERO3シリーズでは、国内地図サービスでは初めてWindows Mobileアプリケーションに対応。ブラウザで利用するよりも速いスクロールや大画面での地図を利用できるほか、検索画面ではテーブルやタブを用いて見やすいように改善を加えたという。

 なお、携帯電話向けサービスでは、渋滞情報や鉄道運行情報、駐車場満空情報などを省いた210円のプランも用意されているが、ウィルコム向けは315円プランのみとなっている。

(2006.12.7/ITmedia Biz.ID)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-07 15:26 | インターネット総合  

<< ココログ、過去最長となる約53... Adobe、深刻な脆弱性に対処... >>