<ミクシィ>不正侵入の22歳男逮捕 愛知県警が全国初摘発



 インターネット上の会員制の交流の場として人気が高い「mixi(ミクシィ)」に、知人女性のページを改ざんする目的で不正アクセスしたとして、愛知県警生活経済課と中署などは4日、名古屋市名東区本郷3、電気工事アルバイト、松山歩夢容疑者(22)を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕した。同県警によるとミクシィを対象とした不正アクセスの摘発は全国で初めて。
 調べでは、松山容疑者は3~8月、このサービスの運営会社「ミクシィ」(本社・東京都)のコンピューターに、知人で愛知県尾張旭市の女子大学生(22)のIDとパスワードを使い不正にアクセスした疑い。女性が掲載する日記やプロフィルをわいせつな内容に書き換えるなどしていた。生年月日などから識別符号を類推したとみられる。
 ミクシィは、利用者が日記や趣味などのページを開設し、閲覧者との交流を深めるサービス。会員制のため書き込みや閲覧に条件の設定が可能で、無制限なアクセスを排除できる仕組みが若者を中心に人気を呼んでいる。4日発表された06年ヒット商品番付の「大関」にも選ばれた。現在約600万人の会員がいる最大手
(2006.12.4/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-04 20:20 | インターネット総合  

<< <電力線通信>電波妨害の恐れ ... スマートフォンの利用意向は18... >>