世界のIT産業の市場規模、3兆ドルを突破

国際電気通信連合(ITU)が3日発表した2006年版の「インターネット報告」によると、世界の情報技術(IT)産業の市場規模は、05年末時点で、前年比約7%増の推計約3兆1300億ドル(約360兆円)に達し、初めて3兆ドルを突破した。

 市場規模3兆ドルは、世界の国内総生産(GDP)の約7・6%に相当する。携帯電話やパソコン本体の世界的な価格下落傾向にもかかわらず、携帯電話の通信サービスやパソコン・ソフトの販売などがいずれも堅調な拡大を続け、市場全体の71%を占めた。

 事業別では、携帯電話によるブロードバンド(高速大容量通信)サービスの成長が著しく、05年末時点で世界の利用者数は約6020万人。国別では、日本が約1800万人で1位となり、以下、韓国、イタリア、英国の順。ブロードバンド利用料金の国際比較でも、日本は「世界一料金が安い国」となった。
(2006.12.3/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-04 00:13 | インターネット総合  

<< <架空注文>アフィリエイト悪用... ソフトバンク 基本料7割引き廃... >>