映画ネット配信、米で拡大

インターネットを通じた映画配信サービスが米国を中心に急速に広がり始めた。小売り最大手のウォルマート・ストアーズがネット配信に着手。ネットで音楽、映像をパソコンにとりこめるファイル交換サービス最大手の米ビットトレントも、来年2月から映画やテレビ番組の配信を始める。特に大容量の情報を送る技術を持つビットトレントの参入は、DVDの販売、市場動向に影響を与えそうだ。

 ウォルマートが先月29日にネット配信を始めた映画はワーナー・ブラザーズ製作の「スーパーマン・リターンズ」。当初はDVD(14.87ドル)を購入した顧客を対象に試験的に始めるが、来年にはDVDを購入しなくても配信を受けられる新サービスを始める計画。ニューヨーク・タイムズ紙によると、大手映画各社と交渉中という。(2006.12.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-02 09:52 | インターネット総合  

<< 中国の電機各社、独自DVD規格... ドコモ、ユニバーサルサービス料を案内 >>