検索ビジュアル系――「大きなページプレビュー」のPagebullがスタート


テキストよりもページそのものが表示された方が、検索しやすい場合がある。最適化されたページプレビューを12個並べてくれる検索エンジンが登場した。

 11月28日、米国で新たな検索エンジン「Pagebull」がスタートした。検索キーワードを入力すると、検索結果が12個の最適化されたページプレビューで表示される。

 Webページは縮小されたものだが、日本語のページが検索された場合には日本語で表示され、タイトル程度ならば内容を把握できる。米国内での検索がメインとされているが、ITmediaなどの日本語サイトも検索対象となっている。


「総合情報ポータル」で検索してみた
 表示レイアウトは4×3、2×6、4×3から選択可能。β版のため、一部の検索キーワードはフルスピードで動作していないが、正式稼働時にはほかの検索エンジンと遜色ない速度で動作すると、開発チームは説明している。

 1Mbps以上の接続スピード、JavaScript対応の最新ブラウザ、横幅1280ピクセル以上のディスプレイを推奨している。

 なお、PageBullはYahoo!のWebサービスを利用している。
(2006.12.1/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-01 16:13 | インターネット総合  

<< Yahoo!検索年間ランキング... 2007年はビデオ共有も攻撃の... >>