Vistaでも4割のマルウェアはすり抜ける――Sophosが動作確認



 現在猛威を振るっているマルウェア「ワースト10」(2006年11月時点)のうち、上位3種はWindows Vistaのセキュリティをくぐりぬけ、ユーザーのパソコンに感染する――英セキュリティ企業Sophosが11月29日、報告書を発表した。Vistaに感染可能なのはW32/Stratio-Zip、W32/Netsky-P、W32/MyDoom-Oで、この3種は現在出回っているマルウェア全体の39.7%を占める。

 Sophosはワースト10のマルウェアをそれぞれVista上で試し、サードパーティーのセキュリティソフトを使わずに感染を回避できるかどうかを実験した。その結果、Outlook Expressの後継メールクライアント「Windowsメール」は、ワースト10のマルウェアをすべて識別、感染を防いだが、サードパーティー製のWebメールクライアントを使うと、W32/Stratio-Zip、W32/Netsky-P、W32/MyDoom-Oはセキュリティを通過してしまった。個人のメールアカウントへのアクセスを従業員に許可している職場や、別のメールクライアント採用を検討している企業の場合、これは深刻な問題となる。

 Sophosは、Vistaではセキュリティ機能が向上しているものの、別途セキュリティソフトウェアを導入することが重要と指摘。またVistaをターゲットとしたマルウェアが開発される可能性が高いので、Vista対応が遅れているセキュリティベンダーもあるとはいえ、ユーザーはそうした新たな脅威に現状のソリューションで十分な防御が可能かどうか慎重に考えるべきだとSophosは警告している。

(2006.12.1/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-01 14:49 | インターネット総合  

<< microSDカード急伸、携帯... NEC、携帯に商店街の掲示板-... >>