ケンウッド、世界最小のHDDオーディオプレーヤー


 株式会社ケンウッドは、10GB HDDを搭載したオーディオプレーヤー「HD10GB7」を12月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。ボディカラーはホワイト(W)とブラック(B)が用意される。

 同社のオーディオプレーヤー「Media Keg」(メディアケグ)の新モデルで、「HDDプレーヤーとしては世界最小」という外形寸法は62×44×17mm(縦×横×厚み)を実現している。重量は78g。

 Media Kegシリーズの高音質再生のコンセプトを踏襲しながら小型化した。フラッグシップモデル「HD30GB9」に採用した「クリアデジタルアンプEX」のエッセンスを凝縮したという新開発の「クリアデジタルアンプ」を搭載。高速32fsオーバーサンプリングΔΣ変換デジタルアンプによりオーディオ帯域内のノイズを低減したほか、電源部にも独自のクリアデジタル電源を採用し、低歪率化を実現している。

 マスタークロックもシステムから独立した専用クロック生成回路を追加。フレームには亜鉛ダイキャストフレームを採用する。シャーシは素材の厚みを増した非磁性ステンレス合金を採用し、回路のグランドラインを強化した「アドバンスド・グランドシャーシ」。左右対称の構造の採用により定位感の向上やクリアな音質を実現しているという。

 ディスプレイ部は1.5型の有機ELで、ディスプレイのデザインは4パターンから選択可能。対応オーディオ形式はMP3/WMA/WAVで、WM DRM10に対応。ナップスタージャパンの定額制音楽配信サービス「Napster to Go」も利用可能となっている

 MP3やWMAなどの圧縮データで失われた高音域成分を補間する「Supreme」も搭載し、22kHzまでの音域を補間。本来の音楽情報に近い音質での再生を可能にした。BASS/DANCEなど7モードのサウンドモードも装備する。

 操作系は、楽曲検索や再生、ボリューム操作などを指一本で行なえるという「マルチコントロールキー」を採用する。USBホスト機能を備えたオーディオ製品と接続して、本体内の音楽再生も可能。JPEG画像の表示機能も備えている。

 バッテリは内蔵リチウムイオンで、再生時間は約24時間(MP3)、20時間(WMA)。USB充電に対応し、充電時間は約3時間。ヘッドフォンやUSBケーブルが付属する。
(2006.11.29/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-29 18:41 | 周辺機器  

<< 携帯向けブラウザ「Opera ... アップル、Mac OS X用パ... >>