ロックリッジサウンド、暖かみのあるサウンドを味わえる真空管アンプ内蔵iPodスピーカー


 ロックリッジサウンドジャパンは、真空管を6本、片チャンネルあたり3本ずつを使用した本格的な真空管アンプ内蔵のiPodスピーカー「VTS-384」を2007年2月に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格は7~8万円程度。

 VTS-384は、ドライバー段、パワー段すべてに真空管を使用することでフルアナログ構成とし、アナログ真空管アンプの特性ともいえる周波数レンジの広さと解像度の高さを生かしたナチュラルな原音再生を追求したiPodスピーカー。低域再現能力を追求し、3極結合回路を採用することで繊細な音をすっきりとクリアに表現するという。

 さらに新設計のドライバには、振動板に軽量でソフトなコーンし、磁気回路に強力なネオジウムマグネットを採用して真空管独特の余韻と響きを引き出している。ボディに硬質なMDF材を使用して、余韻をリアルウッドの突き板でコントロールしているのも特徴だ。

 本体で可能な操作は電源のオン/オフ、セレクタ切り替え、ボリューム調整のみで、iPodの操作は専用のリモコンから行う。ボディは落ち着いたカラーリングとニスで仕上げたウッドが採用され、フロントパネルは5mm厚のヘアライン加工が施されたアルミニウム、ボリューム、およびセレクタノブはアルミ無垢材から削りだしたダイヤカットのアルマイト仕上げ仕様と高級感がある外観に仕上げた。

 なお、外部入力端子とUSB端子を備え、CD、MD、PC音源などの再生にも対応する。なお、ターンテーブルを接続するには別途プリアンプが必要となる。

 サイズは338×233×262mm。アンプ形式はEL84プッシュプル、定格出力は4W。
(2006.11.27/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-27 18:44 | 周辺機器  

<< 内蔵チップで機器利用者認証、ネ... たくさん入っているポータブル電... >>