第16回サーティファイグランプリ2007開催

アート、ムービー、Webコンテンツの3部門で作品募集
株式会社サーティファイは、クリエイターを目指す人達の技能を発揮する場を提供し、デジタル社会における人材育成に貢献することを目的として、「サーティファイグランプリ」を毎年開催している。
サーティファイの前身である日本情報処理教育普及協会が主催していたパソコン・ソフトウェアコンテストから数え、今回は16回目の開催になる。
第16回サーティファイグランプリ2007では、コンピュータで制作された静止画のグラフィック作品を募集する【デジタルアート部門】と、アニメーションや実写映像をデジタル加工した動画作品を募集する【デジタルムービー部門】、動作性・デザイン性に優れたオリジナルのWebコンテンツ作品を募集する【Webコンテンツ部門】の3部門が行なわれる。
各部門ともテーマは特に問わず、自由な発想で表現した独創性あふれた作品を募集している。
募集期間は、2006年12月1日~2007年2月5日。各部門ごとに最優秀賞と優秀賞、奨励賞が選出され、2007年3月上旬にサーティファイホームページ( http://www.sikaku.gr.jp/ )上で発表される。
各賞には賞状と副賞(昨年の最優秀賞実績デジタルカメラ)が贈呈される。

詳細はこちらで:http://www.sikaku.gr.jp/ (2006.11.28/DooBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-27 16:03 | インターネット総合  

<< 「オレンジレンジ」着メロ無許可... ITなど資格、アジア共通に・安... >>