ネットは企業と個人の活動全般を大きく変えた――英調査

インターネットは事業、販売、消費など、あらゆる面で英国企業や個人の生活に大きな影響を与えている。

 英国内の500社および500人の消費者を対象に実施した調査で、企業の56%はネットが自分たちの業界に「多大な」あるいは「画期的な」影響を与えていると考えていることが明らかになった。英国のロビー組織CBIとGoogleが11月24日にまとめた。

 調査によると、消費者の60%はインターネットがより力を与えてくれるとし、43%はネットのおかげで企業の信頼性が増したと回答。70%以上が何かを購入する前に、ほかの消費者のコメントを参考にすると答えた。

 こうした消費者行動の変化に対し、企業の75%はオンライン活動を事業の中核とみなすようになり、58%はオンラインマーケティング投資を増やす計画を立てている。企業のオンライン広告出資額は今後3年間で50%以上増え、英国全体では33億ポンドに達する見通しという。

 しかし企業の70%は、ネットを媒介として消費者に接触する方法をもっと学ぶ必要があると考えており、競合他社よりも有効にネットを活用しているという自信を持っているのは23%のみだった。

 企業が現在最もよく使うオンラインマーケティングの手段はメール(45%)だが、消費者にはメール広告は不評で、76%は受け取っても即「スパムボックス」行きだと答えている。78%は、自分が探しているものや活動していることに直接関連のある広告だけに興味があると回答。一番不評なのはポップアップ広告で、90%が「不愉快」「無視する」としている。

 バイラルマーケティング(8%)、ポッドキャスト(6%)、ブログ(6%)など、新たな手段を取り入れる企業も増えており、ポッドキャストとブログは今後3年間でそれぞれ20%以上まで増える見込みだ。

 調査対象となった企業は、年平均30万ポンドをネット関連技術に出資しており、英国企業全体での年間出資は約100億ポンドとなる。また52%の企業が、今後3年間で平均20%の出資増を予定している。これはつまり、2009年には、各企業の平均出資額は35万ポンド、総額で130億ポンドとなることを意味する。

 企業のオンライン売り上げは過去3年間で3倍に増え、今後3年間でさらに倍増、売り上げ全体の13%を占めるようになる見通しだ。

 昨年クリスマスプレゼントをオンライン購入した消費者の25%は、今年オンライン購入額を最低でも昨年より50%増やす計画といい、昨年オンライン購入しなかった消費者の13%は今年は利用する予定という。CBIとGoogleは、今年のクリスマスの平均オンライン買い物額は1人当たり230ポンドと見積もっている。
(2006.11.25/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-25 22:27 | インターネット総合  

<< 「ファイル交換」で動画配信、市... 米ネットユーザーの12%はポッ... >>