高速大容量ファイル転送サービスの「アゲルねjp」がバージョンアップ

有限会社アントシステム(http://www.antsystem.com/)は、大容量ファイル転送ASPサービスのバージョンアップを発表。
これにより、長期間の詳細な履歴を確認が可能となり、セキュリティ管理も一層改善された。また、各種ユーザビリティの向上機能を追加した。

http://www.ageru.ne.jp/
アゲルねjpとは、プロが支持する高速大容量ファイル転送(ファイル共有)サービス。業務一般・CAD・DTP・デジタル入稿・ProToolsを使った音楽制作・CM映像制作など、上場企業からクリエーターまで幅広い導入実績をもつWebサービス。
2005年12月17日にVer1.0をリリース。現在はVer3.0。インターネットを利用した既存のファイル転送サービスとは異るプロ向けのASPサービス。
『最大2GBの単一データ』をWebブラウザを使い、セキュアにファイル転送(送信・受信)やファイル共有が行える。
専用ソフトは不要、一般的なWebブラウザとメールクライアントソフトで動作し、最大200名まで無料でグループ登録可能。非契約者を含む登録メンバー間で相互に大容量ファイル共有(ファイル転送)が可能となる。(2006.11.24/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-24 12:12 | インターネット総合  

<< 「クローン携帯を確認」は誤報─... 「ブルーレイ」、ソニーなど7社... >>