SBIホールディングス、注文住宅をSNSで仲介

SBIホールディングス、注文住宅をSNSで仲介 ベンチャーキャピタル大手のSBIホールディングスは10日から、注文住宅を建てたい潜在顧客と建築家を結びつけるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を運営する。やりとりを通して取引を促し、建築家同士の情報交換の場としても活用する。5000人の会員募集を目指す。

 SNS「デザインハウスプロジェクト」(http://dhp.re-guide.jp/)は、システム開発のビートコミュニケーション(東京・港)が構築を請け負った。

 自由に登録できるが建築家やデザイナー、施工会社は建築家から招待された場合のみ参加できる。当初約20人の建築家らが参加する見通し。(2006.11.10/日経住宅サーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-23 17:07 | インターネット総合  

<< 識別番号同じ「クローン携帯」不... 情報流出防ぐIT新製品開発 >>