ソフトバンク、22mm厚の新AQUOSケータイ「911SH」


 ソフトバンクモバイル株式会社は、新AQUOSケータイ「911SH」など4モデルの新製品発表会を開催した。

 「911SH」は、ワンセグ放送に対応し、3型/240×400ドットのモバイルASV液晶を搭載したW-CDMA方式の携帯電話端末。折りたたみ式のボディと金属バーツを採用したシンプルなフォルムを採用。ボディカラーはブラック/ホワイト/シルバー/バイオレットピンク/ネイビー/シャンパンゴールド/ピンクの7色のバリエーションを用意する。

 従来のAQUOSケータイ「905SH」と同様に液晶画面を90度回転できる「サイクロイドスタイル」を採用し、テレビ視聴を楽しめる。周囲の明るさに合わせて映像の輝度を調整する「明るさセンサー」や、色再現性を向上する6色カラーフィルター、画質や音質を標準/ダイナミック/映画の3モードから選べるAV設定機能などのテレビ関連機能を強化している。

 また、ワンセグの録画機能も強化。microSDスロットを備え、microSDへの録画が行えるほか、番組表アプリからの予約録画や、番組情報からの予約録画、毎日繰り返し録画機能などを搭載。予約件数は最大5件。

 さらに、録画番組の分割編集機能を搭載。好きなシーンだけを切り出して保存/視聴できる。また、スキップ再生、見たい位置を記憶して、すぐに呼び出せる「マーカー」機能などを備えている。テレビを見ながらのメール送受信や音声通話も可能となっている。

 200万画素のCMOSカメラも内蔵。ミュージックプレーヤーやモバイルSuica機能も搭載する。連続通話時間は約180分、待ち受け時間は約380時間。ワンセグの連続視聴時間は約5時間。外形寸法は約105×50×22mm(縦×横×厚み)で、805SHから5mm薄型化。重量は約138g。

 また、Samsung製の11.9mm厚の薄型端末「707SC」もあわせて発表した。12月上旬より発売する。製品の詳細や発表会の模様は、追ってレポートする。
(2006.11.20/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-20 20:42 | 周辺機器  

<< 中国がアメリカに次ぐ世界第2位... ファミスタオンライン、登録会員... >>