米国でも「プレステ3」発売、行列客狙い強盗・発砲も

ソニーの新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」が17日、米国でも発売された。

 ソニーが用意できた台数が40万台に限られたため、各地の家電量販店では数日前から販売開始を待つ列ができた。商品や客の現金を狙った強盗も現れた。

 AP通信によると、米東部コネティカット州の大型量販店では、開店を待つ客に2人組が現金を要求、断った21歳の男性に発砲し負傷させた。カリフォルニア州の大型量販店では15日夜に列に並ぶ客同士のけんかが始まり、閉店を迫られたという。

 PS3はインターネット上の競売サイトでは、店頭販売価格(500~600ドル)を大きく上回る3000ドルの値も付いている。
(2006.11.19/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-19 15:36 | 周辺機器  

<< ゲーム内広告 “バトル”白熱 年末年始、短期Webサイト稼動... >>