アドビ、「Acrobat 8」発売、統合スイート製品もアップグレード



 アドビシステムズは11月17日、PDF作成・管理ソフト「Adobe Acrobat 8 Professional」と「Adobe Acrobat 8 Standard」の日本語版を発売した。「Adobe Acrobat 8 Professional」を含んだ統合スイート「Adobe Creative Suite Premium 2.3」の日本語版も同時発売する。

 「Acrobat 8」は当初、11月下旬に発売すると発表していた。「Acrobat 8 Professional」「Creative Suite Premium 2.3」はWindows版とMacintosh版の2バージョン、「Acrobat 8 Standard」はWindows版のみの販売となる。

 「Creative Suite Premium 2.3」は、「Acrobat 8 Professional」をはじめ、「Photoshop CS2」「Illustrator CS2」「InDesign CS2」「GoLive CS2」「Dreamweaver 8」などの各日本語版を収録。個別に購入するよりも低価格で、さまざまなソフトを入手することができる。

 アドビストアでの価格は、「Acrobat 8 Professional」が5万7540円、「Adobe Acrobat 8 Standard」が3万6540円、「Creative Suite Premium 2.3」が19万7400円。それぞれアップグレード版やアカデミック版も用意する。なお、「Acrobat 8 Standard」と「Creative Suite Premium 2.3」のアップグレード版の価格は、手持ちの対象製品の種類によって異なる。


(2006.11.18/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-17 20:53 | インターネット総合  

<< スーファミにPC内蔵してデモ、... ソニーの「PLAYSTATIO... >>