ブログの次のターゲットはお母さん


 16日、東京大手町サンケイプラザにおいて、「Business Blog & SNS World」が開催され、初日の基調講演では、米国シックス・アパートの社長兼共同創業者であるミナ・トロット氏による「Vox」の目指すサービスや機能について講演が行われた。

 Voxとは、シックス・アパートが提供する新しいブログサービスのプラットフォームだ。特徴は、その対象をより個人向けにフォーカスしたことだ。ミナ・トロット氏によれば、世界のブロガー人口は1,200万人にのぼるといわれ、「そのほとんどが個人で、書かれている内容はカジュアルで日記、忘備録的な使い方であり、初期のころの情報発信や個人によるジャーナリズムといった要素や目的は薄れている」という。現在は、「友人や家族、特定のグループどうしのコミュニケーションにシフトしている」として、2007年のターゲットは、ずばり「お母さん」(Mom)だ。

 家族のお母さんや子供が簡単、安心して使えるコミュニケーションツールとしてのVoxをアピールしていた。そのために重要なポイントは、「プライバシー」「簡単」「楽しいこと」である。プライバシーについては、ブログの公開先を家族や友人までと制限することが可能だ。コメントも制御できる。簡単、楽しいについては、既存のSNSのユーザインターフェイスのような入力画面やメニューのほか、画像、音楽、動画、それらをまとめた「コレクション」を簡単にブログに取り込める機能が紹介された。また、ブログ画面デザインコンテストや200以上のテンプレートなど、ユーザの多様な趣味やニーズに対応できるようになっている。

 そして、これらのサービスを特定のプラットフォームやサービスに限定することなく、既存のサービスやサイトとの連携も簡単にできるとした。そのデモとして、ブログに取り込む動画をYouTubeにアップした自分の動画を貼りつけたり、Amazonの書籍やCDを貼りつけたりする操作を見せていた。

 つまり、VoxはSNSの機能や特徴を取り入れつつ、ユーザを特定サイトやサービスに囲い込むことなく、オープンなプラットフォームとして利用できるということだ。実際、ブログに取り込めるさまざまなリッチコンテンツ(動画、音楽など)は、自分の持っているものだけでなく、Amazon、YouTube、iStockPhotoといった既存サービスのAPIの知識なしに利用できる。
(2006.11.16/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-16 18:23 | インターネット総合  

<< 世界の携帯利用者21億人、ネッ... 「Skype for Mac ... >>