「LISMO」でビデオクリップを配信開始



 KDDIは11月16日、総合音楽サービス「LISMO」においてau携帯向けにビデオクリップのダウンロード提供を開始すると発表した。12月初旬から、J-POPの音楽ビデオを中心に約2000曲を提供する。対応機種は「W44S」「DRAPE」「W47T」で、今後発表するWIN機種では標準対応となる。また、ライブラリーソフト「au Music Port」もver.3.0にバージョンアップされる。

 配信するLISMOのビデオクリップは、着うたフルと同等の音質(HE-AAC)とワンセグ放送と同等の画質(H.264)を実現。楽曲のプロモーション映像を視聴できるだけでなく、着うたとしても利用できる。また、EZweb上からのダウンロードだけでなく、デジタルラジオの放送波からのダウンロードにも対応する。アクセスは、「EZwebトップメニュー」→「カテゴリで探す」(または、EZサービスで探す)→「ビデオクリップ」から。

 ダウンロードした楽曲・ビデオクリップは、ver.3.0にアップデートしたライブラリーソフト「au Music Port」によりPCへバックアップし、デスクトップ環境で視聴することも可能。ver.3.0ではそのほかに、AAC、WMA形式の読み込みに対応したほか、CD読み込み時のビットレートを最大128kbpsまで拡張。ユーザーインタフェースを使いやすく刷新した。ver.3.0の提供開始はビデオクリップ配信と同じで12月初旬。

 ビデオクリップの提供開始にあわせ、「EXILE」とタイアップしたキャンペーン「au × EXILE ~第二章~」を12月14日から2007年1月31日まで実施。auのCMソング「Lovers Again」のビデオクリップや着うたフルなどのコンテンツをキャンペーン提供する。


(2006.11.16/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-16 15:57 | インターネット総合  

<< 今買うVista対応PC、お得... 矢追純一監修のUFO探知機“ユ... >>